I HATE

ここに書いてんの全部嘘

You know you're right/NIRVANA

君が生きてると実感する時はどんな時か

 

散歩してくると言って家を出て、近所の公園で煙草に火をつけた、夜の音楽教室からはピアノの音は聴こえない、ゴールデンバットは味にばらつきがある、こういう日に限ってすごい不味い1本を当ててしまった、あと2回くらい吸えるだろうというくらいまで短くなってから、ジャンパーのチャックを開いて、シャツをまくって左胸に煙草の火を思いっきり押し当てる

何秒か痛みで悶えたあと、生きてる実感に満たされた

精神的、もしくは肉体的な苦痛を伴うことでしか生を味わうことはできない

痛みはある種の快感でもある

この一瞬の痛みがいつか死ぬことを嫌でも思い出させる

だから自分の為に生きるのだ

I HATE (LOVE)

死ぬほど酒を飲んで吐きたい

屋上から飛び降りたい

線路の上に寝っ転がりたい

思いっきり憎まれたい

キスするふりして顔を殴りたい

純粋な暴力にさらされたい

電車の中で発狂したい

オーバードーズで死にたい

 

全人類の中で自分が一番まともだと思ってる

NIRVANA、苦悩からの解放は死ぬことでしか体現できない、カートは死んだ、ジョンライドンは馬鹿だと言ったが彼は正しかった、自分勝手で我儘に、自己中心的なのが人間だ、誰も生きる意味なんて持っては生まれてこない、宿題もやらなくていい、表面的な美しさなんてゴミ同然でむしろ血や脂や心臓の方が綺麗なんだって思える

月や善意や自己犠牲なんかよりも欲望の方が美しい

Where is my mind/pixies

高校の時たまに一緒に授業サボって三階の窓から遠くに見えるドームを眺めたり、高速道路の上を行き交う車をぼーっと眺めてたやつから飯食いに行こうってラインがきてた、2年からクラスが違って疎遠になってた、今更?って思いながらも適当に返事した

俺は今9階の喫煙所からビルを眺めて、それが崩れていく妄想をしている

ピクシーズのWhere is my mindを延々と聴きながら

階段を昇って降りて、電話をかけて、電車に乗って、煙草を吸うビルの影を探して、友達の有効期限が切れて、チャージするのもめんどくさがってたら1人だけ改札を通れなくなってしまった

だから駅前で野宿して吐いて、同情で女の子に手を繋がれて、嫌われて、中指を立てながら飛行機が墜落するのを待ってる

駅前のディスプレイの広告と女とホテルで朝食をとる老人と蛍光灯は俺のゲロを食べる鳩を避けながら無関心に通り過ぎてく

Trust me. Everything is gonna be fine.

Today/Smashing pumpkins

今はコールセンターのバイトをしているんだけど、同期で入った女の人が薬指に指輪をしていてなぜか胸にぐさりときた、いや別に指輪をしていてもおかしくはないし、その人がどうっていう話ではなくて

漠然と、俺どうなんのかな、と不安になった、結婚願望はないけど

トイレで携帯を見ていたら大学の行ってない講義のメールが来ていた、そのメールも奨学金の返済請求も大学中退の履歴書もトイレに流してやりたかった

喫煙所でくそ不味いわかばと、普通の煙草吸ってるやつに腹が立ってきて、帰りの電車では乗ってる奴ら全員に腹が立って、ポケットの中で中指を突き立ててた、中学生か俺

ライブのチケットも全然捌けず、所詮友達なんてこんなもんか〜って、てかライン送る友達すらいなさすぎて悲しくなった、もし来てくれたらまじで俺の中の何かを削って削って頑張るから来て

 

普通にかっこいいし

嘘、めっちゃかっこいい

Death on the stairs/The Libertines

俺は思うんだけど、てか常々思わされるんだけど、人と人はどこまで行っても完全にお互いを理解し合うことはできない

高校の教科書で檸檬こゝろとあと一つ覚えてるのが、題名は忘れたんだけど、夫がどう頑張っても妻の閉所恐怖症を理解してあげられないっていう話

結局自分の痛みはどう説明しても自分でしか感じれない、当たり前だけど、同じように人に裏切られてもそれぞれ感じる痛みの質は全然違うわけで、少なくとも俺はそう思うから''心を合わせる''とか''気持ちを一つに''とかいう言葉に違和感を抱いてしまう

だから曲を書く時もこの感情に共感してもらいたい!とかじゃなくて、聴いた人が勝手に想像して勝手に解釈して勝手にその人の痛みと重ね合わせてくれればと思うし、俺は逆に安易に共感されたくない、だって俺の痛みなんてわからんでしょ!ふざけんなよ!って思う、カートコバーンは自分の苦悩が大衆の共感にのみこまれていくのをどう思いながら見ていたんだろうか

まあNIRVANAほど売れてから考えるか